JAの学資保険がよくわかる!

JA共済の学資保険に関する、あなたのお役に立つ情報を集めました。

スポンサードリンク

JAの学資保険「こども保険」の特長

JA学資保険「こども保険」の特長は4つあります。
  1. お子さまが幼稚園・小学校・中学校・高校・大学等に入園・入学するタイミングに合わせて祝金(入学祝金、学資金)を受け取ることができます。
  2. 掛け捨てタイプではないので、満期時に満期今日最近を受け取ることができます。
  3. 教育年金付きの場合、契約者が死亡または第一級後遺障害状態になったときは、養育年金を毎年受け取ることができます。また、以降の掛金の払い込みは不要なうえ、お祝い金と満期共済は通常通り受け取ることができます。
  4. 共済金割増支払特則付きであれば、お子さまが死亡または第一級後遺障害状態になったときは、年齢に応じて共済金が割増して支払われます。


非営利組織であるJA学資保険ということで、掛金が安く、保障もしっかり
しているという印象です。人気の学資保険というのも納得ですね。

JA学資保険の詳細はこちらで確認できます。
JA共済公式ホームページです。
http://www.ja-kyosai.or.jp/product/human/kodomo.html

ラベル: , ,

スポンサードリンク

JA学資保険のメリット・デメリット

JA共済の学資保険を選ぶにあたって、JA共済のメリットデメリットを
知ることは大切です。JA共済の特徴は、とくに民間生保と比較して次の
3つがあります。
  1. 掛金が安い・・・これはJA共済が非営利団体であることと、募集が通販主体で、営業職員を特別に設けていないために経費が抑えられるためです。また割戻金制度(※)があり、実質的にはより掛金が安くなります。
  2. 出資金を払う・・・JA共済へ加入するときは、出資金を払い組合員もしくは准組合員になる必要があります。(サラリーマンでも、出資金を払えば、准組合員になれます)
  3. 「保護機構」がない・・・JA共済が破綻した場合、民間生保損保のような「保険契約者保護機構」制度がありません。組合員に不利益が生じない措置を法的に取るとされています。



※割戻金制度とは:共済が、毎年の決算で剰余金が生じた場合は、原則として
加入者に割戻金として還元します。

ラベル: , ,

スポンサードリンク